What's New

美○子さまが壊れた!陛○に放った暴言が酷すぎる…紀○さまも「雅○さんを国外追放してやった」なんて…

今月は秋篠宮夫妻による伊勢神宮参拝がありますが、上皇后の美智子さまのお引越しもありました。結果的に紀子さまと美智子さまのお住まいは今までよりも近くなり、お互いに行き来しやすくなりますが、これにより再び雅子さまに対するいじめが再発してしまうと、不安視する声もあがっています。
やらかした眞子さん「無報酬労働問題」で宮内庁長官が下した判断とは…強制帰国の声に秋篠宮様まで…

すでに地上波でも小室圭さんが2回目の司法試験に落ちてしまったことが大々的に報道されていますが、眞子さんにも大きく動きがあったようです。現在配偶者ビザで生活していると言われる眞子さんですが、メトロポリタン美術館で勤務し始めたことが報じられているのです。さらに、万が一給与を受け取ってしまうと違法滞在になってしまい、場合によっては強制帰国になる可能性もあるようですが..。
眞子さま 「結婚後に即離婚! 恐ろしい真実が明らか

眞子さま「結婚後に即離婚!アメリカでのキャリアプラン」 眞子さまの年内結婚が決まり しかし眞子さまの義母となる小室佳代さんは、元婚約者との金銭問題や勤め先からの解雇問題などトラブルの多い人物。国民の多くは「眞子さまが離婚しないか」と心配する声があがっています。
[速報衝撃]  完全終了  秋篠宮一家一斉逮捕

勢い止まぬ「小室佳代を逮捕しろ」運動 現在、夫・敏勝さんの死後に、受給資格を失ったにも関わらず、遺族年金を不正に受給していたのではないか?という疑惑が浮上している小室圭さんの母親・佳代さん。 この問題に対する国民の怒りは凄まじく、ネット上では、「小室佳代さんの疑惑の調査と逮捕を求める署名運動」が立ち上がり、すでに、7千以上の署名を集めている。
眞子さま 「性依存症…」 衝撃の告白

眞子さま「性依存症です…」衝撃の告白に紀子さま「私に似てしまった」と号泣。 この記事皆さんはどう思われましたか。確かに、眞子が懸念するように もう後が無い。だからといって何も結婚だけが幸せな人生の全てではないと思う。自業自得と諦め,自分を見つめ直し,生まれ変わったつもりで皇籍を抜き,新たな気持ちで生きて行くのもひとつの人生ではないだろうか。ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。
紀子さま「政治介入」 !上皇陛下が激怒  ! 判決確定!!

先日、雑誌「週刊朝日」が実施した国会議員を対象にした皇位継承問題に関するアンケートの結果が発表された。このアンケートは衆参両院の全国会議員708人に対して行われ、回答があったのは2割強の170人である。特に重要な設問は、第一問目に上げられた「愛子さまが天皇に即位できるように皇室典範の改正をするべきと思いますか」という質問だ。
子さま衝撃的な告白! 私は子供を殺しました! 秋篠宮家の崩壊 !

皆さんこんにちは。紀子様のご出産エピソードというと、「男の子を産み分けされた?」「産み分け・妊娠・出生ネタ」2006年(平18)9月6日、紀子様が第三子の男の子をご出産されたというニュースは、日本だけではなく、海外でも大きく話題となりました。その理由はなぜだったんでしょう。“秋篠宮妃紀子さま(39)は6日午前8時27分、東京都港区の愛育病院(中林正雄院長)で、男の子(親王)を出産。男子皇族の誕生は秋篠宮さま以来約41年ぶり、天皇陛下の孫の世代では初めての男子。
小室佳代さん、 を再度刑事告発! 秋篠宮邸籠城を計画か?

今月24日に、ジャーナリストの篠原常一郎氏が、小室圭さんの母・小室佳代さんを再度刑事告発したことを発表。小室佳代さんが詐欺行為を働いたとして、詐欺罪で小室佳代さんを刑事告発していました。 小室佳代さんは、ですが、しばらくして、自宅マンションで20才ほど年上の彫金師の男性と同棲して事実婚関係となり、5年ほど交際を続けたそうです。 遺族年金は、残された方が新たに再婚したり事実婚となった場合、受給の権利を失い『遺族年金失権届』を出す必要があります。
天皇陛下は 怒って叫んだ  !「秋篠宮家に盲目です。」

悠仁さま効果で、筑附入学辞退者が過去最多に!“合格者のうち半数が入学辞退”の異常事態皆さんこんにちは。ごきげんよう。今回取り上げるニュースはこちらです。追い込まれる筑波大学附属高校4月から、秋篠宮家の長男・悠仁さまが通われる筑込宮内庁は、先月2月16日に、悠仁さまが「提携校進学制度」を利用して、筑波大学附属高校に合格したこと批判が殺到しました。
偽装結婚 ! 疑惑が浮上した ! 秋篠宮家の終末  !

このことに関して、ある宮内庁関係者は、「宮内庁は、眞子さんが離婚した場合に、皇室に戻れるよう準備を進めているのではないか?」として次のように語ってくれました。 そうした将来予測のうちの一つが、“お二人が結婚後、すぐに離婚する”というパターンでした。かつて、成田離婚などという言葉が流行しましたが、現在でも、毎年500組近いカップルが結婚から半年以内に離婚をしています。
秋篠宮家が青ざめる  「文芸春秋」が  凄い暴露

文藝春秋の秋篠宮家擁護 中学校進学時には、悠仁さまの成績が足りなかったため、“提携校進学制度”を利用できなかった。一見、信憑性があるように思える話ですが、おそらく、こうした話は疑ってかかった方が賢明でしょう。 というのも、この記事では、続いて、中学校進学後に、悠仁さまの成績が急上昇し、“提携校進学制度”の枠を利用できるようになった、と説明しているのです。「小学5年生になっても、自分の名前を書けなかった」などとも噂される悠仁さまが、中学進学後の3年間でトップクラスの成績を獲得するなど到底信じられません。