秋篠宮家が青ざめる 「文芸春秋」が 凄い暴露

文藝春秋の秋篠宮家擁護

中学校進学時には、悠仁さまの成績が足りなかったため、“提携校進学制度”を利用できなかった。一見、信憑性があるように思える話ですが、おそらく、こうした話は疑ってかかった方が賢明でしょう。

というのも、この記事では、続いて、中学校進学後に、悠仁さまの成績が急上昇し、“提携校進学制度”の枠を利用できるようになった、と説明しているのです。「小学5年生になっても、自分の名前を書けなかった」などとも噂される悠仁さまが、中学進学後の3年間でトップクラスの成績を獲得するなど到底信じられません。

おまけに、この記事では、最後に、悠仁さまが「まるで運命に導かれるかのように筑附に進学された」などと書かれているのです。この記事が、悠仁さまを持ち上げ、筑附進学に関して批判を浴びている秋篠宮家を擁護するために書かれたものであることは明らかです。

実際、お茶中関係者に話を聞くと、父親の言葉通り、普段の学校生活でも、悠仁さまは宿題を早めに済ませ、「もう終わった」と言っては友達を驚かせているという。授業の予習も欠かさない。教師に当てられても、動じることなくスラスラと答える姿が見られるという。(中略)

お茶中関係者はこう話す。「(中略)いくら提携校制度の枠が少ないからと言って、普段の勉強さえ頑張っていれば、男子の中で上位に入るのは、それほど難しいことではありません」

悠仁さまの作文コンクールでの賞の獲得を大々的にアピールしたことや、筑附の合格を発表した際に、「悠仁さまの成績はトップクラス」などと説明したことからも分かるように、現在宮内庁は悠仁さまが「優秀である」とアピールすることに余念がありません。

とはいえ、おそらく、「筑附に進学すれば、このような化けの皮も剥がれ、全然勉強できないという真の情報が知れ渡るだろう」と考えている方もいることでしょう。ですが、実は、ある事情のため、そうはならずに、悠仁さまの成績は隠され続ける可能性もあるようなのです。

ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。

すべては予想の範囲内ですね。ズルヒトは女性誌がかつて報じた通り、小学一年三学期で完全に落ちこぼれとなってほぼ不登校になった。それ以来、職員などが課題を代わりにこなし、自宅学習をしているふりをして、嘘の上塗りを重ねてきた。これも国立だからこそ、実験校としてあれこれ試すのだと何とか言い逃れできますが、私立だと「伝統に反する」で却下なことでもごり押しできるわけです。専用教室ならば、オムツ交換場所問題も解決できるだろうし、人工内耳に対応した、難聴でも聞こえる電子集音磁場システムを入れる必要性も解決できます。案の定、昨年来養護教員が筑波で急募されていた情報通り、附属支援校から転勤してくる専従療育スタッフが学校内でもついて、ズルヒトさま専用の「おひとりさま つくばだいがくふぞくこうこう とくべつしえんがっきゅう」ができあがったわけです。今後はこの秘密教室の存在を如何にして隠すかが学校側の課題です。スマホの持ち込み禁止とかやろうものなら、それこそまた炎上必至。学校内にどんな設備があろうと、税金で作られたものをSNSで拡散するなと命令することはできません。ツクフ生徒VS駅南バラック賎民卑との知恵比べ、いやコンクラーベのゴングが鳴り響きました。

ズルヒトくんは、生まれてすぐに障害がわかり、奇声をあげて喧しいので、母屋から隔離するために8000万円もかけて、プレハブ療育棟を建てていました。今回の特別支援学級改造計画も、その延長線上にくる特別監置教室となるわけです。でもこの特別生徒のために、附属特別支援校のマンパワーが割かれ、かつクレーマーママのせいで、学校はストレスだらけとされるわけで、ここまで迷惑かけるなら、おとなしく特別支援学校の門を叩けといってやりたいよ。

 

本日も最後まで動画を見ていただきありがとうございました。また皆さんに感じたこと意見などをコメントしていっていただけたら嬉しいです。もしよろしければ評価などもお願いします。では次回の動画でまたお会いしましょう。ありがとうございました。

ニュースの評価

Leave a Reply