眞子さま 「結婚後に即離婚! 恐ろしい真実が明らか

眞子さま「結婚後に即離婚!アメリカでのキャリアプラン」

眞子さまの年内結婚が決まり
しかし眞子さまの義母となる小室佳代さんは、元婚約者との金銭問題や勤め先からの解雇問題などトラブルの多い人物。国民の多くは「眞子さまが離婚しないか」と心配する声があがっています。

眞子さま「皇族初の離婚か」
過去に離婚した皇族は、男子皇族で1件あります。1896年(明治29年)に東伏見宮依仁親王が侯爵山内豊信の三女、八重子との離婚です。

眞子さまの場合、皇族から降下されて一般人となる身分。国民と同じように、離婚も再婚もできますが、眞子さまには戻るべき実家がありません。

なぜなら秋篠宮家に戸籍がありません。一度皇室をでられた眞子さまは秋篠宮家には戻ることができず、離婚後に眞子さまが筆頭者となる新たな戸籍を作る必要があるのです。

この記事皆さんはどう思われましたか。ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。

外出時や先日の名誉総裁コメントではそのような感じにはお見受けしませんでしたが、もし本当にご病気なのであれば、それこそ冷静な判断もできないでしょうし、これからはサポートもなくなるわけです。

そんなに急いで結婚しない方がよろしいのではないでしょうか。
小室氏がNYで本当に基盤ができているのか、見極めてからでも遅くないと思います。

小室圭さんと交際中、留学先で現地男性と関係を持った事実を誤魔化す為の手法を解説この項目のタイトルの通り、眞子様は2012年の留学中に現地の男性と関係を持ったのであるがここの時、眞子さまは既に小室圭さんと交際を始めていた時期であった。ところが眞子さまは、小室圭さんの事よりも身近に居る男性と遊ぶ方がお好みだったようで、現地で色々とやらかしている。

一つ言えることはPTSDのときに、
大きな決断はしないほうが良いということ。結婚、退職、離婚、もろもろ。正常な判断はできないので。まずはストレスを取り除きゆったり過ごすこと。

私の周囲にPTSDになってる仕事関係、友人、親族を見て思ったこと。結婚みたいな大きな決断、もう遅いけど本当は止めたほうが良かった。PTSDのときに宗教にハマる人が多いのもそういうこと。

色々あって心を病むなら、尚更踏みとどまるべきなのでは?「やらずに後悔するよりやって後悔する方が良い」最近のドラマやら漫画やらでよく使われる言葉ですが、眞子様もそういう心境なのかな、と思います。

私は彼女が「幸せになりたい」と結婚を望んでいるようにみえないのが気になります。その先に何がどれほどのものが待っているのかを心配するから多くの人が反対するのですけどね

最後までご視聴頂き、ありがとうございました。グッドボタン、チャンネル登録を押して頂けるととても嬉しいです!皆さんの感想もぜひコメント欄にお寄せください。それではまた、次回のニュースでお会いしましょう!

ニュースの評価

Leave a Reply