小室圭泣く血 !!NY州司法試験に再挑戦 合格でもビザは狭き門!

秋篠宮家の長女、小室眞子さん(30)と昨年11月からニューヨークで新婚生活を始めた夫・小室圭さん(30)は2月22日、23日、ニューヨーク州司法試験に再挑戦したとみられる。英デイリーメールが、試験会場を去る小室圭さんの姿を報じた。

小室さんは赤いスマホを右手に持ち、Uber(ウーバー)タクシーを待つ。眉間にシワを寄せて歩いている。小室さんはウーバータクシーに乗り込み、眞子さんと暮らすヘルズキッチンの自宅へと向かったという。

再び試験に失敗した場合、小室氏は7月まで年2回しかない再受験を待たなければならない。今回の結果が、気になるところだ。

現地の日本人も関心を寄せており、ニューヨークに30年以上住んでいる50代の男性は司法試験初日の22日、会場へ向かう姿をひと目見たいと、朝早くから電車で小室さんが受けたと思われる会場へ向かった。試験が始まるのは午前9時半からだったが、午前7時前には数10人の受験生の行列ができたという。

「試験会場の案内には、午前7時から開場し、先着順に荷物を預かることなどが書かれていました。座る席も決まっているわけではなく、早いもの順だそうです」

試験初日はエッセイなど論点を掘り下げる問題が6問。2日目は200問の選択式の問題で、解答のスピードが求められる。計400点中266点を取れば合格となる。

この記事皆さんはどう思われましたか。ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。

私はNYの出版社で会社員だった2014年までH1Bビザ保持者でした。今はわかりませんが当時の発給枠は年間6万3000人のみでした(これが記事にある「抽選」ということでしょう)。私の年はリーマンショックの影響で申請数がその数に達しなかったため枠内に入れたが、申請者が殺到した年に申請し外れた同僚は仕事があるのに泣く泣く帰国…もっと見る

そもそもそのNY在住の方の直々の小室さんの目撃情報も無ければ報道での試験に向かう実際の映像も全く一切無い状況で本当に弁護士試験受けたのか分からない。
2つ目のそもそももフォーダム大学を実際卒業していないのでは?と言う噂も囁かれており試験も受けていない可能性もあると言う事もあるかも知れません。

ビザ取得出来なくても優秀なコネが働き誰かの何だかの力でどうにかなるのでしょう。最初の渡米前のビザも短期に簡単に取得出来ましたから。

 

 

一方、現地では共和党のトランプ政権から民主党のバイデン政権に変わり、ビザはとりやすくはなったと感じているという。

「おそらく、トランプ政権の時は、外国人がたくさんアメリカに入ってくると、アメリカ人の雇用を奪うので制限していたんですね。だから、日系企業はどこもH-1Bビザがとりにくくなっていたんです。それがバイデン政権になって、うちも取れましたし、よその会社でもけっこう取れているという話を聞きます」(前出・ニューヨーク在住の日本人経営者の男性)

この方の場合は米国内の大学院を卒業しているので、まず米国内大学院卒用の20,000件分のH-1B抽選に参加。それに落ちた場合は残りの一般者65,000件のH-1B抽選にも参加できますので、学部卒、または海外の大学院卒の方よりはちょっと抽選率高いと思います。落ちてもA-2という外交ビザを奥様経由でもらうのではないでしょうか。司法試験受からなくてもH-1Bは申請できますから去年のうちにH-1Bに切り替えている可能性もあり。

自分がスポンサーした時の経験だとビザは抽選じゃなくて順番待ち。 国籍によって枠がある。 中国人・インド人はウェイティングリストが長くて絶望的だが、日本人は最近申請が少ないので早い。 それと学歴でも差があり、学部卒だと時間がかかるが、小室氏のようにLLMを取得したなら早い。 ましてロイヤルファミリーは別枠だろうし・・・

 

「スポンサーになる企業は、外国から来た人たちでもこれだけ高額納税者になりますからということを補償するという意味では給料を高く払わなくちゃいけなくなる。申請するのにもお金がかかるし、労力もかかる。それくらいならアメリカ人を雇った方がいいわけで、そうまでしてH-1ビザを申請してくれるというのは相当、優秀な人材でコネも持っているということだと思いますよ。普通はビザの申請をしてもらえない。ビザをいつ取れるかわからない人に投資をして、失敗したら損失だけですからね」

本日も最後まで動画を見ていただきありがとうございました。また皆さんに感じたこと意見などをコメントしていっていただけたら嬉しいです。もしよろしければ評価などもお願いします。では次回の動画でまたお会いしましょう。ありがとうございました。

 

 

 

 

ニュースの評価

Leave a Reply