誕生日会見で明かした! 分裂症の秋篠宮殿下! 恐怖の言論弾圧宣言!

今年は、秋篠宮家の長女眞子さんが結婚したということもあり、果たして、結婚を許可された張本人とも言える秋篠宮殿下が会見で何を語られるのか、大いに注目が集まっていましたが、あまりの内容の酷さにTwitterなどのSNSでは炎上状態となっているようです。

今年のお誕生日会見では、非常に重要な発言が数多く含まれていたので、今回から、複数回に渡ってその内容について解説したいと思います。

分裂症の秋篠宮殿下
それにしても不可解なのが、この中で、皇室の儀式を行わなかったことで、儀式というものが非常に軽いものだという印象を与えてしまったと述べ、さらに、「私の判断で行わなかった」とまで言いながら、自分のせいで、儀式というものが軽いものだという印象を与えてしまった、とは述べられていないのですね。

会見を書き起こした文章を何度読み返しても、理解しがたいものがあるのですが、私なりの分析をさせてもらうと、つまり「娘の結婚に反対する国民の声を汲み取って、私の判断で儀式を取り止めました、これは素晴らしい判断ですよね、皆さん褒めてください」「ですが、(私の責任ではないけども)儀式を行わなかったことで、皇室の儀式が非常に軽いものと思われてしまうこととなりました。これはとても残念なことです」と一見相矛盾する考えを抱いているのですね。

ある種の分裂と言いますか、過剰な自己執着と、離人症的な主体性のなさが殿下の中で共存しているように思えるのですね。
妙に、強い決意や執着心と、フワフワとした現実感や主体性のなさが、この会見での発言の中で共存しているために、聞いている人々の多くに、非常に奇妙な印象を与えるのだと思います。

 

この記事皆さんはどう思われましたか。ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。

戦前の天皇の『統帥権』というものに、非常に強い興味と関心を持たれていたという秋篠宮殿下
なら、A宮殿下が天皇に即位したあかつきには宮内庁は『大本営』に改名ですかね?

だったら、そんなモノへ興味を抱く前に靖国神社へ参拝して英霊たちに哀悼の意を示すべきです。
勿論、靖国神社にA級戦犯が合祀されて以降、昭和天皇から歴代の天皇が参拝を拒んでいる事は知っています。

しかし、ひとたび戦争をすれば犠牲になるのは国民です。A宮殿下や皇族の御歴々は最前線に出る事はありません!絶対に安全な所に匿われます。しかも、今だとKK母子も対象者になります。KK母も天皇陛下と同等の安全確保をされるかもしれないのです。そーゆー恐ろしい状況にしてしまったという自覚をA宮殿下には持って頂きたい!

 

そもそも秋篠宮殿下は辞退して即位しないかも?
上皇陛下は体力的な面から天皇の責任を果たせないと80歳で退位されました。今の天皇陛下は御年61歳、やはり父親を見習って80歳前後もしくは令和30年を目処に退位されると推測します。令和30年は秋篠宮殿下も83歳!とても天皇の職は務まりません!皇嗣職は、あくまで今の天皇陛下に万が一があった時の為のピンチヒッター的なものだと思います。

となれば男系でいくと令和の次は悠仁さまが即位する可能性が高いです。令和30年なら悠仁さまは42歳と少しお若いですが、年齢的に問題ないでしょう。後は、その時までにご結婚されて男のお子さんがいれば幸いなのですが・・・その間に愛子さまが皇室に残るための法律改正も必要です。

秋篠宮さんの発言、言葉何か変ですね。やはり、昨年の会見といい、通常の公務さえ支障をきたすような状況になってきているような気がするのですが。私の思い過ごしでしょうか?それを公にはできないから宮内庁が裏で動いているのでは?だから、紀子さんが悠仁さんにふれるようになってきたのでは?

しかし、この幼少の頃より罰則付き報道規制されている(と記事何回も見かけました。)不思議な坊っちゃん。もうすぐ高校生ですよね。いつまで報道規制するつもりなのでしょう?

一生、動画と年齢不相応な不思議な作品ばかり出し続けるつもりでしょうか?観劇には2年ほど前佳子さんの付き添いで鑑賞していたことあったようですが。

民主主義国家であるはずの日本で皇族の存在する意味は何か、義務と責任は何かをきちんと考えてほしい。国民は臣民ではない、ということを理解して欲しい。

反社との深い関わりを報じられるような人物と姻戚関係を結んだ宮家を次の日本の象徴などと認めるのは国民皆無理と思います。日本の社会では反社との関係が判明すればどこからでも追放です。契約書でさえ無効になるはずです。

しかし、民主主義国家であるはずの日本で最近言論統制ひどくなってきた、と感じるのは私だけでしょうか?TVは秋家忖度上げしか報じません、日本が言論統制で世界から批判されている中国に近づいているような気がします。

本日も最後まで動画を見ていただきありがとうございました。また皆さんに感じたこと意見などをコメントしていっていただけたら嬉しいです。もしよろしければ評価などもお願いします。では次回の動画でまたお会いしましょう。ありがとうございました。

 

ニュースの評価

Leave a Reply