What's New

宮内庁激怒で 「秋篠宮家潰し」宣言  恐るべき真実が明らか

宮内庁から秋篠宮家潰しの動き 長:小室さんについて正直に言うと、宮内庁にとってはどうでもいい存在なんです。逆に道具として使えるって感覚の方が強いようです。 今起きている宮内庁の思惑というのが、秋篠宮家を潰したいということなんですよ。 中矢:なぜ潰したいんですか? 長:単純な言い方をすると、秋篠宮家が皇室としてそぐわないと。要は、品位を落としているということです。
皇位者の絶望ついに爆発! 紀子さまの脳卒中!!

政府も宮内庁も報道機関も前皇后と秋篠宮実父と名指しされている安西孝之氏、安西家のバックにある経済界に牛耳られているとか⁉️もはや国民もこれ以上偽物皇族⁉️の国の秩序を乱す好き勝手放題!やりたい放題!を許すわけにいかない❗一家だけでなく胡散臭いパラサイト家族まで❗ロイヤル特権乱用、治外法権利を悪用しての学歴取得、高下駄箔付けなど未来ある子供達の教育の場の秩序まで乱している‼️
悠仁さま親友も 「筑附へ進学」 「秋篠宮家だけ特別扱い」

ご学友のいらっしゃらない悠仁さまですから、なんとか少しでも仲の良い生徒を筑附に進学させることで、悠仁さまが高校生活で孤立することのないよう、紀子さまが、保護者とも相談し、提携校進学制度を利用して筑附に進学させる代わりに、3年間筑附で悠仁さまのご学友となってもらう、という密約を交わされたようです。また、秋篠宮家が筑附の3年分の学費も負担するようですね。
悠仁は優秀ざます! 生徒2名が筑附へ進学! 皇室特権利用!

ところで、今回、悠仁さまの筑附ズル入学で話題となっている提携校進学制度ですが、先の「女性セブン」の記事によると、なんと、悠仁さま以外にも、悠仁さまと仲の良かった生徒が二人ほど、同制度を活用して筑附に進学したそうです。 記事の中で、「悠仁さまが特別な存在であることは誰もが理解するところですが」とありますが、言うまでもなく、皇族であれば、どこでも好きな学校に入学できるなどという決まりはありません。とはいえ、この点は一旦脇に置きましょう。
紀子さまの一言に 筑附生の保護者 保護者もドン引き

この二つのニュースが大変な注目を集める一方で、それほど関心を集めなかったのですが、同日、筑波大学附属高校では、保護者同伴の入学説明会が行われました。 「説明会では、予想通りといいますか、やはり、提携校進学制度に関する説明もなされたようですね。ただし、当日に保護者が挙手して質問するというかたちではなく、事前質問を受け付けるというかたちで高校側が説明したようです。 どうやら、実際には、“提携校進学制度はズル入学ではないか?”“どういった基準で入学者が選ばれたのか?”“悠仁さま以外にも、提携校進学制度を利用して入学した生徒はいるのか?”などといった質問がなされていたようですが、ひとまとめにして“提携校進学制度について質問がありました”としていたようです。
皇室報道の制限「秋篠宮家の裏」恐ろしい真実が明らか

皇室報道の制限 時として情報統制が聞いている日本国内よりも、海外からのほうが冷静に制限なく皇室を報道できる場合がある。例えば天皇陛下と雅子さまの婚姻内定の第一報は、国内紙ではなく1993年1月6日の米ワシントン・ポスト紙だ。宮内庁と国内大手メディアが「報道協定」を結んでいたため、国内紙がこれを報じる子ことができなかったのだ。また悠仁さまについては「罰則付き報道制限」が宮内庁と宮内記者クラブの間で交わされていることも有名な話だ。
[速報衝撃]  小室圭から! 出勤しなくてOK

同誌は「警察にエスコートされ、日本のプリンセスは米国で一般人の夫と新生活をスタート」の見出しを打ち、「先月、メディア狂騒曲の中で結婚した2人は、普通の生活(regular life)を営みたいという望みを表明した。それなのに、ニューヨーク到着においてもVIP待遇だった」と報じた。
秋篠宮家に 皇位を委譲する ! 一斉逮捕か!?

小室さん不正入学不正卒業の疑惑先月5月秋篠宮家の長女眞子さまとの結婚が延期状態となっている。小室さんがフォーダム大学ロースクールを卒業しニューヨーク州の司法試験を受ける資格を得た。しかし小室さんはロースクールの学位授与式を欠席。多くの卒業生が学友らと共に学位取得の喜びを分かち合う中小室さんの姿は見られなかったという。また卒業生の一人は記者から小室さんについて聞かれるとニューヨーク周辺にいる人がみんな参加したと思う小室さんを大学で見たことないわ。
誕生日会見で明かした  ! 分裂症の秋篠宮殿下 ! 恐怖の言論弾圧宣言 !

分裂症の秋篠宮殿下 !それにしても不可解なのが、この中で、皇室の儀式を行わなかったことで、儀式というものが非常に軽いものだという印象を与えてしまったと述べ、さらに、「私の判断で行わなかった」とまで言いながら、自分のせいで、儀式というものが軽いものだという印象を与えてしまった、とは述べられていないのですね。
小室圭“身柄拘束”で 逮捕起訴へ! 懲役25年の実刑か

「フォーダム大学のロースクールを卒業した小室圭さんですが、大学側によると、なんと数日前から、小室圭さんとは連絡が取れない状況だったようです。学位授与式で、写真やメッセージを送るよう要請しようとしたようですが、何しろ連絡がつかないのですからどうしようもありません。結局、苦肉の策として名前だけを読み上げるという異例の措置がとられたようです。
悠仁さまに 「家庭内暴力」 の重大疑惑 !

悠仁さまには危難が絶えない。2008年1月には、宮邸の庭で転倒、救急搬送されて唇を4針縫う怪我を負われた。また、これは「事故」であるが、2016年11月、登山に向かう途中中央自動車道でワゴン車が追突事故がった。そして「事件」としては、2020年4月には、通われる中学校の机に刃物が置かれる事件が起きた(犯人は逮捕された)
悠仁さま“入学拒否” 「東大天皇」 誕生の夢潰える

最終目的は「東大出身天皇」輩出 !ですが、問題は、この「提携校進学制度」のみではありません。週刊誌等でも報じられているように、紀子さまの最終目標は、悠仁さまを東大に入学させ、秋篠宮家から初の「東大出身天皇」を輩出することですからね。 どうやら、筑波大学は、悠仁さまの入学を許可した場合、紀子さまから、悠仁さまを「なんとかして東大に入学させてほしい」と強く要望されるのではないかと懸念しているようです。